運動する事によりストレスが改善され生活の質が格段に上がる。

ストレスは、多くの身体的および精神的健康上の懸念に関連する重大な問題です。 プライマリケア医の診察の75%から90%は、ストレス関連の病気が原因であると推定されています。 心血管疾患、肥満、糖尿病、うつ病、不安、免疫系の抑制、頭痛、背中や首の痛み、睡眠の問題は、ストレスに関連する健康上の問題の一部です。

なぜ運動するとストレスが改善され生活の質がよくなるのか?

有酸素運動の精神的な利点には、神経化学的根拠があります。

運動は、アドレナリンやコルチゾールなどの体のストレスホルモンのレベルを低下させます。また、エンドルフィン、体の自然な鎮痛剤である脳内の化学物質、気分の高揚剤の生成を刺激します。

運動するという行動自体も感情的な利益に貢献します。

ウエストラインが縮小し、体力とスタミナが増加すると、自己イメージが向上、自信の感覚を得る事ができます。新たな活力とエネルギーは仕事の成功を助け、そして定期的な運動は、重要なライフスタイルの目標を達成するのを助けます。

ネットワークを広げる機会

運動やスポーツは、新たに友達を作ったり、ネットワークを広げる機会でもあります。また、運動している時は、心が日常の悩みから解放され、自由に創造的に考えることができます。

ほぼすべての種類の運動がストレス改善に役立ちます。

多くの人は、ウォーキングやジョギングなどの、リズミカルで反復的な方法で大きな筋肉群を使うことが最も効果的であると感じています。簡単な20分の散歩でも心を清め、ストレスを軽減することができます。
カロリーとともにストレスを燃焼させる激しいトレーニングを好む人もいます。
ハードな運動の後のストレッチ運動も筋肉をリラックスさせ、心もリラックスするのを助けます。

もちろん運動以外の精神的な取り組みもストレス改善に役立ちます。

身体運動は心をリラックスさせるのに役立ち、精神的な取り組みも同様に役立ちます。精神的な取り組みとは、友人、牧師、または訓練を受けたカウンセラーや心理療法士などの聞き手と問題を話し合うことです。

一人でもできる精神的な取り組みもあります。

自分の心の力を利用してストレスを軽減することもできます。自分の考えや気持ちを書き留めるだけでも非常に有益です。
また瞑想の練習は、多くの人がストレスを軽減します。瞑想は心と体の一致の典型的な例です。
瞑想について前に書いています→瞑想の効果。瞑想で脳の構造は変化します。

参照資料:
https://caps.ucsc.edu/resources/exercise.html
https://www.health.harvard.edu/staying-healthy/exercising-to-relax

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です