ストレス減でお肌が若返る!!

20代に達すると、肌のコラーゲン生成量が毎年1%減少するよう。エラスチン(コラーゲンの繊維を支える役割を持つ繊維)の生産も年をとるにつれて減少し、皮膚の汗と油腺が機能する能力を失います。
人間はどんなに頑張っても老化は避けられませんが、ストレスを少しでも減らせたら、お肌が若返るかもしれません。

ストレスがお肌に与える影響

絶え間なく続く心配事は、何か危険にさらされている時と同じストレス反応、つまりアドレナリンや他のストレスホルモンの放出を引き起こし、時間の経過とともに肌に悪影響を与える可能性があります。
研究では、長期的なストレスが皮膚を含むすべての臓器の免疫システムを抑制し、私たちが感染症にかかりやすくなり、月経周期を混乱させ、ホルモンの肌荒れにつながる可能性があることを示しています。
マイアミ皮膚科医のジャニスリママリボナ博士は、主要なストレスホルモンである「コルチゾール」が主な原因であると述べています。 通常、コルチゾールレベルは体内のサーカディアンリズムによって変動します。ピークレベルは朝になり、最も低くなるのは真夜中になります。ストレスがかかると、コルチゾールのレベルが乱れ、ニキビを引き起こしたり、湿疹、乾癬、赤ら顔、アトピー性皮膚炎などの症状を悪化させたりすることがあります。

ストレスでどんな皮膚トラブルが起こる?

くすみ

ニューヨークの皮膚科医、ジュリー・ルサック医師によると、ストレスがかかると、貴重なビタミンとミネラルが、体の重要な代謝プロセスとストレスホルモンの生成のために優先的に使われます。皮膚は後回し。皮膚は内部で起こっていることのバロメーターであり、疲労やストレスがある時は、くすんだ肌になります。

しわ

心理的ストレスによる大量のコルチゾール(ストレスホルモン)は、皮膚のコラーゲンとエラスチンを分解し、しわを形成する可能性があります。

たとえば、ある研究では、慢性的なストレスが皮膚の老化に悪影響を及ぼし、しわの形成を引き起こす可能性があることを発見しました。それは、ストレスが炎症を引き起こし、身体がそれ自体を修復する能力を損なうためです。研究では、皮膚の老化に伴って、血漿中の炎症レベルが2~4倍増加することが多いことがわかっています。

慢性的なストレスもインスリン抵抗性につながる可能性があると、ピッツバーグ大学医療センターの皮膚科医、オルガブニモビッチ医師は述べています。インスリンが阻害されると、血糖値が高くなり、糖化と呼ばれる皮膚の弾力性を妨げる生物学的プロセスに寄与します。通常よりも早くしわができる可能性があります。
前に糖化について書いています。
アンチエイジング”その2”カラダの「糖化」を防ぐ?シミ、シワの大きいな原因。

また、コルチゾールは、ヒアルロン酸の自然な生成を低下させます。ヒアルロン酸は、皮膚を脱水にし、小じわを増やします。脱水はまた、過剰な皮脂の生産をさらに誘発し、肌荒れ(にきび)を引き起こす細菌の完璧な繁殖地を作り出します。

ニキビ

慢性ストレスは、コルチゾールなどのストレス関連ホルモンのレベルを上昇させ、それにより皮脂の分泌が増し皮膚表面の角質とバクテリアと混ざり、皮脂に詰まりニキビになります。

 

 

「ストレス解消方法」は十分な睡眠、マインドフルネス瞑想、ヨガ、呼吸法、運動などあります。
以前に呼吸法や瞑想についても書いていますのでよかったらご覧ください。
瞑想の効果。瞑想で脳の構造は変化します。
2020年の世界的な変化により『呼吸法』がとても主流なものになってきました。

他にも、ストレス解消法について、今後また投稿していきます。

 

 

参照文献
https://www.dermalogica.com/does-stress-cause-acne%3F/does-stress-cause-acne,default,pg.html

https://www.insider.com/does-stress-cause-wrinkles

The Shocking Ways Stress Directly Affects Our Appearance—And How to Beat It

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です