運動は細胞レベルで皮膚に変化をもたらす可能性がある!

皆さん、 前回のブログで、運動する事でストレスが改善されるという記事を書きましたが、今回は、そんな運動が与えるお肌への影響について。

[運動は細胞レベルで皮膚に変化をもたらす可能性がある!]

各細胞には、細胞のエンジンであるミトコンドリアがあります。 「ミトコンドリアはすべての細胞機能に燃料を供給するATPとして知られている[化学物質]を作ります。ATPは皮膚の損傷を修復し、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌を若く保つ成分を作るために必要です。
しかし、年齢とともにミトコンドリアのATPは低下し始めます。ミトコンドリアの数を増やしたり、ミトコンドリアをより若い機能的能力に回復させたりする薬物療法や治療法はまだ示されていません。

ただし、1つだけ方法があります。

それは、「運動」です。

運動が筋肉内のこれらのミトコンドリアの変化を逆転させるかもしれないと結論付けた生理学の年次レビューで2019年2月に発表された論文があります。 2018年3月にジャーナルAging Cellで発表された別の研究は、年配の男性と女性の生涯サイクリストの筋肉細胞を調べ、彼らの筋肉は若い人と同じ品質と機能を持っていることを発見しました。
2015年8月にAging Cellで発表された1つの横断研究では、活動的な人々と座ってダラダラと過ごす人の間の皮膚機能が比較されました。カナダのマークタルノポルスキー医学博士は、「高齢のアスリートの皮膚は健康な高齢者の皮膚よりも健康である」と述べました。特に、真皮はより厚かった。真皮の薄化はたるみやしわに関連していると彼は言います。何が起こっているのでしょうか? IL-15と呼ばれる免疫系に関与する物質が運動中に放出されます。 IL-15の増加は「皮膚の健康を助ける1つの要因です」と彼は言います。
*この IL-15 は,特に運動直後の筋から産生され,自己分泌的な作用を有するサイトカインとして近年注目されている Myokine(マイオカイン)の一つである。筋肉から出るホルモン「マイオカイン」が、皮膚細胞の活性を高め、肌のコラーゲン産生に寄与するそう。

最終的には、それはすべて細胞エネルギーに帰着します。 「これらの発見は、運動が人間の皮膚の老化のいくつかの側面を弱めることができ、これらの変化が皮膚のミトコンドリアの改善に関連していることを示しています」とタルノポルスキーと彼の共著者は研究で書いています。

 

National Sleep Foundationによれば、4月に発表された研究によれば、運動をする人は睡眠状況が良く、十分な睡眠(成人の場合、推奨は1晩あたり7~9時間)であると報告されています。 2018年国際環境ジャーナルおよび公衆衛生ジャーナル。
成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。さらに、肌のターンオーバーが活発化します。

 

参照資料:Everyday Health.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です