誰でも使いやすい「ナイアシンアミド」

ナイアシンアミド(Niacinamide)は何?

ビタミンB3およびニコチンアミドとしても知られているナイアシンアミドは、皮膚の天然物質と作用して、拡大した毛穴を目に見えて最小限に抑え、緩んだ毛穴を引き締め、不均一な肌の色調を改善し、小じわやしわを和らげ、くすみを軽減する水溶性ビタミンです。弱くなったお肌表面を強化します。
ナイアシンアミドはまた、皮膚のバリア(防御の第一線)を改善する能力があるため、外部からの損傷の影響を軽減します。
水溶性ビタミンであり、油に溶けないため、通常、水ベースの美容液に含まれています。油分や油性溶剤が嫌いな方にピッタリです。

ナイアシンアミドの作用機序に関して、以下の特性を持っています:

・紫外線から肌を守る
・抗炎症作用
・抗菌作用
・皮脂減少作用
・痒みを鎮める(鎮静剤)
・肌を明るくする

なぜナイアシンアミドを使った方がいいの?

スキンケアで最も安定した有効成分の1つであり、pHは中性付近です。したがって、AHA、BHA、L-アスコルビン酸(ビタミンC)およびレチノイドとは異なり、非酸性で非刺激性です。
このビタミンB群はすべての肌タイプに十分に耐えられるため、敏感肌や酒皶になりやすい肌の方にも適しています。
また、レチノール、ペプチド、ヒアルロン酸、AHA、BHA、ビタミンC、およびすべての種類の抗酸化物質を含むスキンケアの替わりになります。

ナイアシンアミドの他の有用な利点は、皮膚を強化するセラミドの自然な生成を改善するのを助けることによって、水分の損失と脱水に対して皮膚の表面を再生し、回復するのを助けることです。
セラミドが時間の経過とともに枯渇すると、肌は乾燥し、カサカサ、ますます敏感になり、皮膚はあらゆる問題に対して脆弱になります。

乾燥肌に苦しんでいる場合は、ナイアシンアミドの局所塗布が保湿剤の保湿能力を高めることが示されているため、肌の表面は、水分損失を防ぎ、乾燥、ツッパリ、カサカサの肌の再発を防ぎます。ナイアシンアミドは、グリセリン、非芳香性植物油、コレステロール、PCAナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウムなどの一般的な保湿成分と作用します。

肌への利点

1.フリーラジカルと戦う。抗酸化作用。

ナイアシンアミドは、フリーラジカルから保護し、酸化ストレスを防ぐことがわかっています。 Journal of Clinical Aesthetic Dermatologyによると、「局所塗布後の皮膚の抗酸化能力を高めます」。

2. 色素沈着を薄くする。

特定の濃度では、ナイアシンアミドは色素沈着の原因となる酵素、またはメラニンをブロックし、肌の色調を改善できると考えられています。色素沈着、シミ、肝斑の優れた治療法であることが証明されています。

3.しわを減らす。

一部の研究では、ナイアシンアミドが真皮のコラーゲン産生を増加させることによってこれを行うことを示唆しています。またナイアシンアミドは、コラーゲンを正常化し、しなやかで柔軟に保つのに役立ちます。 Dermatology Timesによると、「タンパク質の糖化を阻害し、コラーゲンとエラスチン分子の沈着を効果的に減らす」としています。

4.ニキビを防ぐ。

抗菌性と抗炎症性を備えたナイアシンアミドは、ニキビがある場合に試すのに最適な治療法です。
中等度のニキビの場合、ある研究では、4%のナイアシンアミドが1%のクリンダマイシン(局所抗生物質)と同等の結果をもたらすことがわかりました。そしてそれは細菌耐性のリスクがありません。
別の研究では、同じ量の4%が「軽度から中等度のニキビの症状を緩和するのに効果的かつ安全である」と結論付けています。
*酸、レチノイド、過酸化ベンゾイルよりも肌にやさしいです。

5.皮脂の分泌を調整する。

ニキビはないが、脂性肌に苦しんでいるという人に、ナイアシンアミドは効果的かもしれません。
ある研究では、たった2パーセントで皮脂レベルと皮脂排泄率を下げることができることがわかりました。これは、余分な皮脂を吸収しようとする脂性肌のほとんどの局所治療とは異なり、実際に分泌されるオイルの量を遅くする可能性があり、2〜4週間後に変化が明らかになります。

6.赤みを軽減する。

赤みを起こしやすい肌タイプの方には、ナイアシンアミドが最適かもしれません。
ある研究では、5%が赤いしみのある肌を大幅に改善することがわかりました。そしてこれはそれが酒皶のための有益な治療であることを確立しました。
理論は、ナイアシンアミドが皮膚バリアの機能を改善するというものです。これは、刺激が少なく、赤みが少ないことを意味します。
別の研究では、ナイアシンアミドを1日2回塗布すると、炎症が軽減され、水分の損失が減少し、角質層の厚さが増加することがわかりました。

水分補給で保湿効果アップ。ハリを出す

グリセリンやヒアルロン酸などの一般的な保湿成分と組み合わせて使用すると、製品の保湿能力を高めることができます。ナイアシンアミドは、肌の天然脂肪であるセラミドの生成をサポートすることで、肌のバリアを改善し、水分の損失を防ぎ、潜在的な刺激物の侵入を防ぎます。

ナイアシンアミドは毛穴を小さくすることができる?

ここでの答えは定かではありません。
簡単に言えば、このビタミンB群がその毛穴を減らす機能させるかについての研究は完全には理解されていません。しかし、ナイアシンアミドは毛穴の構造を正常化する能力があります。皮脂が過剰に分泌され、詰まりが悪化すると、毛穴が伸びます。このように毛穴が伸びて毛穴の構造が変化すると毛穴の開きとして見えます。ナイアシンアミドの使用は、毛穴の構造が元に戻るのを助けます。

私は?

私はナイアシンアミドをメインとしている商品ではなく、保湿ローションなどに配合されているナイアシンアミドを使ってきました。刺激は全くなし。すごく使いやすいと思っています。今まで使った中で、CeraVe PM fasial Moisturizing Lotionにも肌のバリア機能を助ける役割として配合されていましたが、これは好みのスキンケアの一つです。

アメリカの美容家や研究者、皮膚科医などの意見を色々見ていると、かなり多くの人がナイアシンアミドが大好きと言っています。なぜならば、、どんなお肌にも使えて、他の有効成分とも合わせて使えるというとっても便利な成分だからです。肌の弱い方や弱っている最中、オイリーの人には試して欲しい成分の一つです。

参照資料
https://www.getroman.com/health-guide/niacinamide-for-acne/
Riverchase Dermatology

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です