「美肌を手に入れるのに必要な栄養素」

美肌を手に入れるのに必要な栄養素の種類はたくさん!美肌のための食べるべきフードの栄養素として、以下のどれかしらは必ず登場します。
これらを覚える必要は全くなく、基本的に健康とされているものを食べれば勝手に摂取できます。例えば、カラフルな野菜やフルーツ。お魚、ナッツや豆やタネ。など。

美肌栄養素

「ビタミン」

ビタミンA:治癒を促進し、線維芽細胞を刺激し、健康な皮膚細胞の生成を助けます。

ビタミンB群:お肌のターンオーバー周期を整えて、皮膚や粘膜を正常に保ちます。

  • ビタミンB2:皮膚などの保護・再生・健康維持を助ける。
  • ビタミンB3(ナイアシンアミド):肌の弾力性を改善し、変色を助け、肌の質感/トーンを回復します。
  • ビタミンB5:肌の水分補給に最適で、若々しい細胞の成長を促進し、老化を防ぎます。
  • ビタミンB7(ビオチン):髪と爪に最適で、ケラチンインフラを改善します。

ビタミンC:強力な抗酸化物質で、コラーゲンの生成と治癒に最適です。

ビタミンD:感染症との戦いを助け、皮膚細胞の成長と修復を促進します。

ビタミンE:皮膚の紫外線によるダメージを軽減し、抗炎症作用、抗酸化作用があります。

ビタミンK:ストレッチマークやクモ状静脈に最適で、血液凝固プロセスを助け、あざを最小限に抑え、創傷治癒を促進します。

葉酸(ビタミンB群):肌のハリを改善します。

「ミネラル」

亜鉛:細胞壁の安定性に優れ、抗酸化剤として作用し、治癒を促進します。
カリウム:ナトリウムを排出する作用もあり、皮膚細胞を活性化させ、皮膚の再生も進めていきます。
セレン(セレニウム):抗酸化作用。
鉄分:肌のくすみをとってくれる。
銅:鉄の吸収やヘモグロビンの生成を助ける。

「脂質」

オメガ3:オメガ3は皮膚の凹凸の発生を防ぎます。 オメガ3は皮脂の分泌と肌の水分保持を正常化し、肌の早老を防ぎます。 オメガ3に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は肌の中のコラーゲンを減少させる物資の分泌を抑えます。

「ポリフェノール」(フラボノイド、カテキン、リコピン)

抗酸化作用、肌の水分量増加や、キメを整えるなどの美肌効果もあります。

「カロテン」(βカロテン、リコピン)

抗酸化作用、免疫増強作用、体内でビタミンAに変化し皮膚や粘膜の健康維持を助ける。

アンチエイジングのために食べた方がいい食品

  • サーモン(オメガ3が豊富)
  • アーモンドとクルミ(酸化防止剤、ビタミンE)
  • ブルーベリー(酸化防止剤)
  • ハニーデュー(カリウム)
  • アボカド(オメガ3)
  • キノコ(ビタミンBおよびD、銅、セレン)
  • 緑の葉野菜(ビタミンA、B、C、K、鉄分、カルシウム)
  • ダークチョコレート> 70%カカオ(抗酸化物質、フラバノール、肌の引き締めに最適)
  • 緑茶(抗酸化物質、シワやシワにつながるフリーラジカルと戦う)
  • キウイ(ビタミンC)
アンチエイジング食品の背後にある考え方は、肌の水分を保ち、健康的なレベルの脂肪酸を維持し、抗酸化物質、ビタミンE、ビタミンCを多く含む食品を積極的に摂取する事です。

コラーゲンが豊富な食品は?そして、なぜコラーゲンが重要なの?

加齢に伴う肌の見え方に影響を与える主な要因の1つは、コラーゲン産生の低下です。20代を過ぎると1%ずつコラーゲンは減少していきます。その結果、ふっくら感を失います。

コラーゲンは肌の弾力性を改善し、肌をふっくらと若々しく保つのに役立つタンパク質です。

体と皮膚のコラーゲンを増やすための素晴らしい食べ物

  • 鮭、サバ、マグロなどの魚と牧草飼育『グラスフェッド)の肉には、皮膚細胞の周りの脂肪膜を保護するオメガ-3が含まれています。
  • ほうれん草やケールのような濃い緑色の野菜はビタミンCが豊富です。これはフリーラジカルから保護し、コラーゲンの分解を防ぎます。
  • ブロッコリーにはビタミンA、C、Kが含まれています。ビタミンKは目の下のくまを改善するのに役立ちます。コラーゲンの生成もサポートする抗酸化物質が含まれています。
  • キウイにはビタミンCが含まれています(中程度のキウイには1日の必要量が120%あります)。ビタミンCはコラーゲン合成を刺激し、肌の乾燥を防ぎます。
  • はたんぱく質が豊富な食品です。タンパク質はコラーゲン産生に不可欠です。
  • クルミはコラーゲンの生成にも役立ちます。また赤ワインを上回るポリフェノールが含まれており、抗酸化作用の強い食材であるため、細胞が酸化して錆びつくのを防いでくれます。オメガ3も豊富。
  • トマトには、日焼けによるダメージから肌を保護し、コラーゲンの分解を防ぐリコピンが含まれています。
  • アボカドは、コラーゲンの分解を防ぐのに役立つビタミンEを提供します。
  • カボチャの種は、コラーゲン合成の補因子として機能する亜鉛が豊富です。

にきびを改善するのに役立つ食べ物

  • イワシ、サーモンなどの魚はオメガ3脂肪酸が豊富で、炎症やニキビさえも軽減します。食用の小さな骨が含まれているため、カルシウムの優れた供給源です。
  • インゲンマメには、繊維、タンパク質、亜鉛が含まれています。亜鉛はにきびと戦うのを助ける高い治癒特性を持っています。
  • ケールは、肌のターンオーバーを促進する強力な抗酸化物質であるビタミンAが豊富です。ビタミンAは、にきびの治療に使用される薬であるレチン-Aに含まれる大きな成分です。
  • ブロッコリーにはビタミンA、B、C、E、Kが含まれています。強力な抗炎症力があります。ブロッコリーの抗酸化物質であるスルフォラファンの1つは、特ににきびに効果があります。
  • カボチャとヒマワリの種には、ビタミンEと亜鉛が含まれています。それらは免疫機能を高め、体がにきびにつながる炎症と戦うことを可能にします。
  • 発酵食品(ザワークラウト/コンブチャ/納豆など)は、善玉菌の増殖と炎症の軽減に役立つプロバイオティクスです。
  • 緑茶には、炎症、傷や傷跡の治癒に役立つ強力な抗酸化物質であるポリフェノール(カテキン)が含まれています。
これらの食品を摂ったからといって一晩であなたのにきびは治りませんので、日々の継続が大切。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です